おっさんが若い女の子を好き勝手にする方法


僕は今年、44歳になる。
たぶん、ほとんどの読者の方より年配だよね。

最近は、恋愛ノウハウを書いている人たちに良く会う。
すると、ほとんどが30歳前後。

一回り以上、年下なんだよね。

さすがに、「おじさんはね」と言いたくなってしまう。

ま、精神年齢だけは小学五年生って言っている僕だから、
話す内容は、似たようなものなんだけどね。

ただいかんせん、見た目は30歳では通らない。

だから、年齢相応の対応をしないと若い女性は話しをしてくれない。

これは僕だけじゃなくて、40代の男ならみんなそうだよね。

そこで、僕がキャバクラで20歳の女の子に調子よく話している
内容をちょっと公開して、
おっさんが若い女の子をどう扱ったらウケがいいか教えましょう。

まぁ、いろんな手を使うんだけど、
40歳という年齢を使うテクニックは、サポート話法なんだ。

キャバクラに行くと、キャバ嬢と年齢の話しになることがある。

「いくつに見える?」
なんて聞くと、「30代?」なんて応えてくる。

まぁ、ちょっと若く言うのが水商売の常識だから、
本当はもっと歳だと思っているんだけど、素直に喜ぶことにしている。

で。
年齢が2倍近いって話しになると、恋愛対象になんてなりそうもなく感じる。

でもね。
年齢をうまく使うと、彼女の気持ちを引き寄せることもできる。

「将来、何になりたいの?」

まさか一生キャバ嬢なんて考えているはずもないだろうから、
聞くといろいろ答えが返ってくる。

「ペット関係の仕事がしたい」

最近増えているのは、こんな答え。
他にも、ネイリストやら、カフェを開きたいとか。

いかにも女の子って感じの話しをする女の子が多い。

そんなとき、おっさんとしては言いたくなるわけよ。

「そんな甘っちょろい仕事をしたいと思っても無理だよ。
そんな仕事、なれたとしても、お金にはならないわ、仕事は忙しいわ、
いいことなんてありゃしないぜ」

こんなことを言ったら、一発で、「このオヤジむかつく」って
顔をされちゃう。

だからと言って、「若い子は夢があっていいなぁ」と言ったら、
それはそれでNG。
夢が枯れてしまったおっさんだと白状しているようなもの。

どんな会話をしたらいいのかって言えば、
おっさんの若い女の子より持っているものを使う。
それが、社会的経験なんだ。

まぁ、20年以上社会人していれば、僕みたいにちょっとくらい
わき道や裏道を歩いている男だって、彼女から見たら社会経験豊富ってなる。

彼女が言っていることが、何も知らないから言える夢だって分かる。

でも、「そんなの無理」と言う必要なんてない。
あなたが持つ社会経験を元に、すっごく楽観的に彼女の夢が叶うパターンを
見つけてあげよう。

例えば、僕がペットの仕事をしたいって女の子にはこんなことを言う。

「ペットって今、人気だよね。当然仕事も多くなってきている。
でもさ。それ以上にペットの仕事をしたい女の子も多いんだよね。
だから資格を取れば仕事ができると考えたら甘いよ」

「ええっ?そうなの?」

「資格を持っていること。仕事ができる技術があること。そこそこの経験があること。
そんなのあって当たり前って感じなんだよね」

「うーん」

「でもさ、ちゃんとペットの仕事をできる人もいれば、
できない人もいるんだよ。
この違いって何か分かるかな?」

「えっ?資格でもないのよね・・・うーん。わかんない」

「答えはね。プラス・アルファーなんだ」

「プラス・アルファー?」

「そう。資格とか技術とか経験とは、仕事に直結するものだよね。
それはあって当たり前。差が付くのはそれ以外」

「それ以外って何?」

「例えばさ。いかにお客さんと気持ちよく話しができるかってこと。
どんなに技術があっても、お客さんウケが悪い人は、仕事が続けられない」

「ふーん」

「だからね。キャバ嬢をしているっていうのは、そのプラス・アルファが
身につきやすいってことなんだよね」

「あ、なるほどっ」

「そりゃ、資格を取る学費稼ぎのためのキャバクラバイトかもしれないけどさ。
本気でお客さんを気持ちよくする技術を修得するとさ。
資格を取ったときの可能性は大きく違ってくるんだ」

まぁ、よくこんな話しをする。

こう言っておけば、接客態度も良くなったりして。
それまで、いかにもアルバイトです、って感じの女の子がさ。
ちゃんとこっちのことを読み取って話しをしようとする。

「あ、今の言い方、心地いいなぁ」

なんて、ちょっとホメると、すっびく対応が良くなる。
本当にこっちの気持ちを良くする対応になる。

ま、それだけで、恋愛感情が生まれることはないんだけど、
ただのお客さんから一歩前に出れるのは間違いない。

いやなおっさん、って言われるより、
話しが分かるおっさんになる。

まずは、そんな会話方でした。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/09/20 | 投稿者: Editor