かわいいで女の子の気持ちを引き出そう


「かわいいっ」
女の子って、本当にかわいいって言葉をよく使う。

ちまちました雑貨屋さんに行くと、
かわいいの連発。

「あ、これ、かわいいっ」

ま、そう言われるように作られている
小物が多いから当然なんだけどね。

中には男には、かわいいと思えないものまで、
「かわいい」って言っている。

キモカワみたいなかわいさって
男にはちょっと難しい。

女の子がどんなものに「かわいい」って
反応するのかは、完全には掌握しきれない。

でも、わかいい感覚を合わせようとすると、
だんだんと分かってくるものなんだ。

「これは、かわいいに違いない」と思って、
「これ、どう?」なんて見せにいくと、
「いまいち」なんていわれたりしてね。

最初は分からなかったりするんだけど、
そのうち、その女の子のかわいい感覚がだんだんと
分かるようになる。

「ね、これかわいいでしょ」
「うん、かわいいっ」

こんな具合にかわいい感覚が合うようになってくると、
一緒にお店を冷やかすのが楽しくなってくる。

もちろん、かわいいって言葉は、
物に対して言うだけじゃない。

女の子に対しても、かわいいって言葉は、
喜んでくれる褒め言葉。

女の子はかわいいって言葉を使いたがるのと同じくらい、
かわいいと言われるのも好きなもの。

「○○さんってキレイですね」
と言われるより、
「○○さんってかわいいよね」
って言われるのを好む人が多い。

キレイというのは、見た目だけで
判断されるのと比べて、
かわいいというのは、キャラとかしぐさしか、
そういうものまで含めてかわいいだからかな。

とにかく、かわいいと言われると
喜んでくれるんだ。

だけどさ。

ただ、かわいい、とだけ言っていると、
言われなれている女の子だと、いまいち反応がうすい。

だから、かわいい、と言うときは、
「かわいい」と感じたとき言ってみよう。

「これ、おいし~」
なんて、何かを食べたとき。

かわいい表情する女の子っている。

そんなとき、
「○○ちゃんってかわいいね」
なんて言ってみよう。

「えっ」
なんて、ちょっとびっくりしたりするけどさ。
かわいいって言われて嫌な気持ちなワケじゃない。

「いやさ、おいしいって顔している、
○○ちゃんって本当にかわいい顔しているよ」

「ええっ、そうかなぁ~」

なんて感じでさ。

かわいいと感じたときだけ、
「かわいいね」って言ってみる。

どんなにかわいい女の子だって、
とくにかわいい表情をするときってあるじゃない。

そんなときに、「かわいいね」って言ってみる。

なんだかんだ言って、かわいい表情の瞬間を拾ってくれる
相手に「かわいい」って言葉をよくいう女の子って、
好感を持ってしまうんだ。
自分のかわいいを見つけてくれる人だからね。

もっとも、時には反対のことを言っちゃうのもいいね。

「その言い方、かわいくない」
って感じでさ。

かわいいと、かわいくないをうまく切り替えて
表現してあげれば、「かわいい」と言われたいって
気持ちがでてきちゃう。

別に恋愛の気持ちがなくても、
そういう気持ちになってしまうのが女の子。
誰からも好かれたいって気持ちは、女の子の特徴だからね。

でも、そうやって、「かわいい」って何度も言われていると、
好意から恋愛の気持ちに変わってしまう可能性もあったりする。

元々さ。
気になる女の子のかわいいとこって、男としては
もっと見たいと思うじゃない。

だから、「かわいいね」と言うのは、
別に楽しくできるはず。

ただ、「かわいい」と言うのが、もしかしたら、
変に受け取られてしまうんじゃないか、
ってややこしく考えすぎているものなんだ。

元々、かわいいって言葉あんまり使わない人に
とっては、かわいいっていいづらいものなのかもね。

だから、まずは、「かわいい」って良く言う女の子と
仲良くなって、一緒に「かわいい」って言葉を使ってみよう。

それができるようになると、「かわいい」って言う女の子に対しても
「かわいいね」っていいやすくなってくるからさ。

かわいいって言葉は、女の子と仲良くなって好意を引き出すには、
とっても便利な言葉なんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/08/17 | 投稿者: Editor