こんな携帯メールを送ろう


携帯メール慣れしている人と慣れしていない人。

大きな違いは、用事がないときにメールが送ることができるかどうか。

メールって、もちろん用事を伝えたり、何かを聞いたりすることにも
使われるものだったりするんだ。

でも、それだけで使うのはちょっともったいない。
いろいろとある可能性を捨ててしまっている。

そこで、今回は携帯メールを使って女の子と仲良くなる
テクニックを教えよう。

まずは。

何の用事もない。
でも、暇だ。
もしくは、電車にのって手持ちぶたさがある。

そんなときに、何気に女の子に送ると仲良くなれる
メールをひとつ紹介しよう。

携帯メールだから、絵文字も使うことを前提にこれから説明するね。

絵文字は[にっこり]の様に、[]付きでその中に意味を書くね。

まずは、一番簡単に出せるメール。

タイトル:こんにちは[にっこり]

本 文:いい天気だね[晴れ]

ま、晴れている日じゃないとダメだけどね。
雨なら本文が変わるだけ。

本 文:雨だねぇ[雨]

えっ?
なんだか意味が分からないメールだって?

意味は対してないけど、意図はちゃんとある。

「携帯メールでお話したいな」
って、意図。

彼女が忙しかったり、メールする気分じゃなかったり
したら返事が返ってこないかもしれないけど、
そうじゃなかったら、こんな返事が返ってくる。

「うん、いい天気・・・お洗濯日和ね」

意味が対してないメールには、大して意味がないメール返ってくる。

でも、意味はないけど、意図はある。
メールでお話してもいいよ、ってこと。

タイトル:お出かけ日和だね

本 文:いい天気だとお出かけしたくならない?
僕はひとりで本を読んでいたりするんだけどね。

こんなメールを送る。
すると、こんなメールが返ってきたりする。

「今日はお洗濯しようと思って。
最近、天気が悪かったから」

こんな感じで雑談が続いていく。

もちろん、「お出かけ日和だけど、誰も誘ってくれないの」なんて
おいしい返事が返ってくることもある。
でも、それは偶然だから、あんまり期待しないこと。

重要なのは、携帯メールで雑談をするってこと。

携帯メールで雑談ができるようになると、
仲良くなるのが楽になる。

デートしたり、同じ飲み会に参加したり。
そういうことをしなくても、普通に毎日連絡を取り合うことができる。

一回くらいメールで雑談をしても、大きな変化にはならないけど、
毎日のように雑談をしていると、それは随分違う。

「ね、こんど一緒に食事しない?
パスタ好きって言ってたよね。
クリーム系のおいしいお店があるんだけど、ランチしよう」

雑談のついでみたいに、食事に誘えちゃう。
もちろん、楽しく雑談メールができているって前提があるけどね。

あなたもモテるためには、雑談メールをマスターしよう。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/09/20 | 投稿者: Editor