たった一言で女の子の気持ちを掴む!


トップでも紹介しているんだけど、
話ヘタは人って多いよね。

僕も基本的にはそう。

ただ今は、それが改善されて、そこそこうまくなったぞぉ。

僕が昔できなかったこと・・・それは、会話によって女の子の気持ちを掴む。

これができたら、恋愛に発展できる可能性があったのに・・・
そう思うことは一杯ある。

でも、女の子の気持ちを会話で掴もうとすると、
すっごく難しいって思っていないかな。

実は、そんな簡単だったんだ。

なんと、一言。

それも、一言どころか一文字だけで、
女の子の気持ちを掴んでしまう、そんな方法があったんだ。

そもそも、話ヘタな人と女の子が話すと、
どんなことがおきるのか。

話が盛り上がらない。

だから、一緒にいてもお互い気まずい。
そんな状況になってしまう。

例外が、話すのが好きな女の子といるとき。

彼女が楽しそうに話してくれるから、
あいづちをうつだけで、盛り上がった会話になる。「あ、この子となら、相性いいかも」

なんて思っていたとしたら、おおはずれ。

彼女の本音を聞いたら、立ち直れなくなる。

「あーあ、ひとりで会話を盛り上げるのは疲れるわぁ。
キャバ嬢みたいに給料をもらって話しているならいいけど、
もう、この人に近づくのやめちゃおう」

盛り上がったと言っても、自分で盛り上げたワケじゃないと、
相手の女の子は、こんなことを思っていたりする。

えっ、そんな身もふたもないこと言うなって。

大丈夫さ・・・ちゃんと、対応方法があるんだから。

まず、相手の女の子がどのくらい会話を楽しんでいるかは、
彼女の答える会話の長さによる。

それも、最初の段階なら確実にそう。

たとえば、

「どこに住んでいるの?」って質問する。

「越谷」って単語で答えたなら、
全然楽しんでないってこと。

ま、そこまでつっけんどんに答える女の子は少ないけど、
会話を楽しんでいないと、こんな答えになる。

「越谷です」

1センテンスの答えだよね。
これじゃ、会話を楽しんでいるとはいえない。

この1センテンスしか答えてこれない女の子をたった一言で
変えてしまう方法があるんだ。

それが、「えっ!」。

「どこに住んでいるの?」

「越谷です」

「えっ!」

この会話パターン。
どうかな。

「えっ!」って言った瞬間、彼女をじっと見る。
するとね。

「何?」って表情をしちゃうんだ。

言葉に出さなくても、「何々?」って疑問が生まれちゃう。

この疑問を持たせたら、あとは簡単。
その疑問に答える形で会話をするばいい。

「越谷なんだぁ、前、仕事先が春日部にあってさ、
越谷は通っていたんだ」

「へぇっ」

「越谷って、武蔵野線も通っているとこだよね」

「あ、武蔵野線は新越谷なんです。越谷はその隣の駅」

「そうなんだぁ~、となりかぁ。降りたことはないんだけど、
何度もと通っているから、なんだか知っている感じがするんだよね」

「そうですか」

「どう、越谷って住みやすい?」

「なかなかいいとこですよぉ。ただ、お店はあまりないけど・・・
買い物は東京に出てしまうことが多いかな」

こんな具合の会話になってしまう。

なんで、会話の質が変わってしまうのかというと、
「えっ!」なんだよね。

ごく普通の答え、「越谷です」って答えに対して、
予想外の反応・・・びっくりしたような「えっ!」を返すと、
彼女もびっくりしてしまうんだ。

お互いびっくりすると、会話のテンションがあがってしまう。

テンションをあげたら、後はそのテンションで話を聞いちゃう。

これだけで、彼女にとって楽しい会話になっていく。

だって、質問をすると、彼女が話すことが長くなる。
それが、会話を楽しんでいる証拠。

これを時々するといい。

たとえば、さっきの会話の続き。

「そうかぁ、買い物は東京なんだ。東京のどのあたり?」

「渋谷が多いですね」

「おっ!渋谷かぁ・・・いいよね、渋谷。すっごく活気があってさ」

「そう、好きなんです、渋谷。かわいい服とか一杯売っていて」

「テレビで渋谷の109のお店紹介していたの見たんだけど、
すっごい感じだよねっ、本当に若い女の子だらけ」

こんな感じで、話が続いていくんだよね。

ときどき、「あ」とか「え」とか「お」とか。

こんな感嘆語を入れちゃうと、テンションがキープできちゃう。
テンションをあげられて会話ができちゃうと、
女の子って楽しい会話って感じちゃうんだ。

会話上手になろうとすると、
ついつい話題が豊富になろうとか、
ユーモアがあるようになろうとか。

そういうことを考えたりするんだけど、
そんなの関係ねぇ、だよね。

「えっ」の一言でテンションアップを使うと、
難しくなく会話を楽しくできるよ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/04/25 | 投稿者: Editor