だけど、で彼女の気持ちを変えよう


昨日、木戸さんと本の打ち合わせをした。

木戸さんが次に出す本を一緒に作ることになった。
その中で木戸さんが面白い話しょしてくれた。
娘さんとの会話なんだ。

彼の娘さんは中学生。
そろそろ、お父さんと壁ができる年頃。

で、その娘さん。
片付けるのが苦手なんだそうな。

「片付けなさい」って
文句言うと、
「そんなにいわなくてもやるのにぃ」と
反論するそうな。

中学になると、素直に親の言うことは聞かないらしい。

そこで、木戸さん。
どうしたら、娘が片付けをするようになるか、
考えてみたらしい。

ちなみに木戸さん。
そういうことを楽しく考えることにしている。

「片付けしないでだめな娘だなぁ」と
考えるより、
「どうしたら、片付けるのだろう」と
考えてみる。

で、可能性のありそうなことを
いろいろと試してみてみる。

「独り言なんです」

木戸さんがみつけた、娘が片付けをするようになるコツ。
それが独り言。

「○○は、部屋片付けないけど、勉強はがんばっているんだよなぁ~」

そんな独り言を車で娘さんを送るときに、
何気につぶやいてみるんだそうな。

「お父さん、余計なのが入っているんだけど」
なんて、言うんだそうな。

でも、気にしないで何度も同じように言ってみる。

「○○は服脱ぎっぱなしだけど、勉強はがんばっているんだよなぁ~」
「お父さん、そればっかり」

独り言を言うと、そんなことを言われてしまう。
それを何回も繰り返していた後。

「やったら片付けなさい」
「はぁーい」

なんと、素直に片付け始めたそうな。

おおっー、って思ってしまった。
なるほど、そんなことがおきるんだ。

僕は話を聞いていて、すごく感心してしまった。

「だからおまえは駄目なんだ」

何か文句を言うとき、こう言うと人は反発してしまう。

これは、人格否定と言って、
その人のすべてを否定してしまう言い方だから、
反発するか、落ち込むか、どちらかしかない。

いいことは起きない。

だから、何かに文句を言うとき、
その人のことを否定するのではなく、
そうの人の行動を否定すること。

「遅刻しておいて、何も言わないのは駄目だぞ」
「ちゃんと、メールで遅れるって言ったじゃない」

「それでも、遅れてごめんくらいは言ったらどう?」
「・・・わかった」

こんな具合に言うと、受け入れやすいんだよね。

文句言うところは、ピンポイントの部分否定で言うと、
受け入れやすいんだ。

さらに、反発する可能性が高い相手だと、
部分否定と全肯定を組み合わせると、
もっと受け入れやすくなる。

それが、木戸さんが使った方法。

「(部分否定)・・・・だけど、(全肯定)・・・・だよな」

この順番で言うこと。

よく、コミュニケーション術でイエス・バット会話っていうのが
のっているんだど、あれは微妙。

「あなたの発想はすごくいいんだから、もう少し丁寧に資料つくりしてくれない?」

言いことと悪いことを同時に言う。
それも、悪いことを後に言う。

それがイエス・バット会話なんだ。

でも、実際、これを言われるとイエスの部分がとってつけにしか聞こえない。
日本語って、最後に言ったことが強調される性格があるんだ。

でも、

「(部分否定)・・・・だけど、(完全肯定)・・・・だよな」

の形だと、最後の全肯定が強調されるから、
すごくいい感じになるんだ。

これを恋愛に使える会話にしてみるとさ。

好きな人がいるとする。
その子がツンデレ系で、見た目がかわいいのに、生意気だったとする。

そんな場合、こう言おう。

「○○は言い方が生意気なんだけど、本当はすっごく性格いいだよなぁ~」

「なにそれ!」

「えっ、独り言だから、気にしないでね」

なんて言っておいて。
そのうち、また、言う。

「○○はぶっきらぼうに言うけど、本当はすっごく性格いいんだよなぁ~」

「またぁ?独り言?」

「そう、気にしないでね」

これをいい続けていると、部分否定のとこが改善されてしまう。

全肯定している相手には、嫌がることをしつづけるのは、
ストレスがたまることになってしまうんだ。

そのうち改善してきたら、今度はこう言おう。

「○○は、言うことがわかいいのに、性格もすっごくいいんだよなぁ~」

部分肯定、と、全肯定。

こう言われると素直に喜んでしまうんだ。
いつも、最初が部分否定だから、微妙だからね。

日本語としては妙だけど、そんなの気にしないこと。

このやり方を続けていくと、
彼女はだんだんとあなたが望む対応をするようになってしまう。

「ね。来週デートしない」
「ええー、しないっ」

「○○はデートしてくれないけど、本当はすっごく性格いいだよなぁ~」
「なにそれっ」

「えっ、独り言、気にしないでね」

これ繰り返していると、
デートにオッケーもらえるかな。

それはちょっと微妙かも。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/06/23 | 投稿者: Editor