ストラップで会話をする


この恋愛理論は、女子高生のユリちゃんに
教わったことがベースになっている。

ユリちゃんは、このメルマガの読者。
彼女の母親と僕が仲がいいから、
一緒にこのメルマガを読んでいる。

時には、このメルマガ、18禁の内容を書いているんだが、
そんな内容でも、気にせず親子で読んでいるそうな。

「うわっ~、今日の恋愛秘訣エロい!このエロい文章、あの天野さんが
書いているんだよねぇ。あの天野さんがねぇ、どんな顔して
エロい文章を書いているのぉぉぉ~」

こんな顔である。
というより、おおきなお世話である。

そんな、女子高生ユリちゃんの教えてくれた恋愛テクニックを聞いたとき、
僕は意味がわからなかった。

前振りはこうだった。

「ね、天野さん。
いいアプローチのしかた考えちゃった。
男の人って、隣に座った女の子に声掛けられない人っているよね」

そう。
これは、とっても問題なひとつなんだ。
女の子に声を掛けたいと思うと、ドキドキして、
タイミングをはずして、そのまま終わり。

なんてことが起きてしまう男を僕は約29人は知っている。

彼らに、簡単に女の子に声を掛ける方法があれば、
教えてあげたいと、日々思っているのだ。

「本当に簡単に声を掛けられてしまう方法なの。知りたい?」

もちろん、知りたい。
しかし、僕は恋愛ノウハウを教えているプロ。
そんなに簡単に「知りたい」とは言えない。

「あれ?知りたくないの?じゃ、やめとこうかなぁ~」

あ、殺生な!
そこまで言っておいて・・・教えてお願い。

「じゃ教えてあげるね、それはね」

それは?

「そのストラップ…」

ん?何それ??

「だから、『そのストラップ…』って言うの」

へ?何それ??

「わかんないかな?ちょっと携帯出すね。
私にさ、天野さんが言ってみて、『そのストラップ…』って」

えっと、じゃあ、言うよ。

「そのストラップ…」

「えっ?あ、これ?かわいいでしょっ。制服モテ子っていうの。
うちの学校の制服のストラップなの・・・いいでしょ」

な、なるほど!
そうなるのか!!

もちろん、そこまで言ってもらったら分かるぞ。
この声かけ方法はすごいぞ。

「そのストラップ…」

こう言うだけで、女の子は彼女の携帯ストラップを楽しそうに説明してしまう。
特にすごいのは、男の側になんの知識も必要ないってこと。

だって、「そのストラップ…」なんだ。
知らないブレンドロゴのストラップだっていい。

「そのストラップ…」
「あ、これ?知ってる?ビンダイでもらったの!
キラキラしてかわいいでしょ」

説明するのは、女の子なんだ。
男は何も知らなくていい。
ただ、この一言だけ覚えておけばいい。

「す、素晴らしい!」

「本当?恋愛秘訣に使えないかな」

「使えるとも!!」

って、ワケで今日、掲載することに決定。

ちょっと解説しておくと、重要なのは、「そのストラップ…」の
…の部分なんだ。

「そのストラップ」と携帯ストラップを見て言われると、
彼女の意識は自分の携帯ストラップに注がれる。

もちろん、好きでつけている携帯ストラップだろうから、
ひとに興味を持ってもらうのって嬉しいこと。

でも、「そのストラップ…」って感じで「…」の間を入れられてしまうと、
ちょっとの間、会話が途切れてしまうんだ。

自分が気に入っているストラップの話。
その女の子は、その会話に期待をしているのに、
会話が途切れてしまう。

すると、彼女が会話をつなげてしまうんだ。
無意識のうちにね。

それが「えっ?」とか「あ、これ?」とかいう言葉なんだ。

当然女の子にそう言われたら、男は表情で「それそれ」って顔になる。
「うん」って言ってもいいんだけどね。

すると、自然に彼女は、携帯ストラップの話をはじめてしまう。

「そのストラップ…」

たったそれだけで、彼女といい感じの会話が生まれてしまうんだ。

簡単なのに、効果が大きい。
とんでもない声かけテクなんだ。

もちろん、これは携帯ストラップじゃなくてもいい。
ネイルだって、バックだって、ピアスだっていい。

何か「ぱっ」と目についたものを言ってしまおう。

「そのペンダント…」

これだって、同じ効果が期待できるんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/05/29 | 投稿者: Editor