モテるやさしさとは?


女性に「好きな男はどんな人?」ってアンケートをとると、
確実に上位に入ってくるのが。

「やさしい人」

やさしい男がモテるのは間違いない。

しかし、やさしい男になろうと、女性の言うとおり、
なんでも「いいよ」って言っているとどうなるか。

「なんか、つまらない人」

って言われてしまう。

やさしい男はモテるんじゃないのか!

って、文句を言いたくなってしまったこと、ある人、
いるんじゃないかな。

実は、女性の言っている「やさしい」はちょっと解説がいる。

韓国に行くと、宮廷料理を食べさせるお店がある。

中にこんな売り文句を付けているお店もある。

「あなたはハシを持つ必要がありません」

ハシは、隣にいる民族衣装を着た女性が持っていて、
食べたい料理を見れば、あなたの口まで運んでくれる。

「はい、どーぞ」ってね。

実は、女性が求めている「やさしい」は、
これに近いやさしさなんだ。

なんでも言うことを聞いてくれる男じゃない。

彼女が欲しがっているモノを読み取って、
「さぁ、どうぞ」って用意してくれる男。

だから、「こんなことがしたい」と言わせた段階で
すでにやさしい男じゃなくなっている。

そこで「やさしい」男になるために必要な行動とは何かを考えてみた。

要は「こんなことしない?」と言うこと。

別に難しいことじゃない。

彼女が欲しがっているものじゃなくてもいい。

「こんなことしない?」
と自分から言ってみる。

最初は外れることがあるかもしれない。

でも、彼女が求めているかな、と思って
聞くことはまずマイナスにならない。

何度も聞いているうちに、だんだんと彼女の欲しいと
思っているものが分かるようになってくる。

この手間をかける男が「やさしい」男として、
女性に認識されるんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/03/29 | 投稿者: Editor