レッテルの活用方法


女の子の気持ちって分かりづらいよね。

いろんな女の子がいるし、
そのときの状況によって、気分がころころ変わる。

「女の子の気持ちなんて、わかりっこない」

とあきらめたくなるの、すごくよくわかる。

でもさ。
ひとついい方法があるんだ。

それが、レッテルを貼ってしまうという方法。

どんなレッテルかというと、血液型ってレッテル。

「ね、血液型、何型?」
って聞くと、大抵の女の子は喜んで話をしてくれる。

本当に女の子って、占いとか性格診断とか好きなんだよね。

ま、盛り上がる話題としての血液型は便利だけど、
それ以上の使い方があるんだ。

それが、血液型でレッテルを貼るって方法。

どういうことか、というと、血液型で診断される性格だと、
彼女の性格を決め付けてしまうこと。

例えば、B型なら、「マイペース」。

A型が几帳面で、O型が社交的、AB型がかわりもの。
ま、だいたい、こんな感じ。

それぞれの性格を彼女の性格としてレッテル貼りしちゃう。

「へぇ、B型なんだぁ、じゃ、マイペースに生きているんでしょ」

こんな感じ。
重要なのは、この質問に対する彼女の反応。

二種類の反応を返してくる。

1.そうなの、という肯定的な反応

2.うーん、等々、肯定的以外の反応

肯定的反応の方が多いんだけど、ときどき、それ以外の反応をする
女の子もいる。

肯定的な反応をした女の子は、血液型の性格診断に出てくる
性格だとレッテルを貼ってしまう。

肯定的な反応じゃない女の子は、血液型の性格診断の逆だと思えばいい。

例えば、B型で肯定的じゃない反応なら、
アンチB型のレッテルを貼る。

これをしておくと、女の子の性格がすごくよく分かる。

B型なら、どうのこうの。

こんなことを言われたり、読んだりしているのが女の子。

それがすでに暗示で入っている。
だから、あなたが、「B型だから」と、言うと、
そのとおりの反応をしてしまう。

これがレッテル効果。

アンチは、その逆。

B型なら、どうのこうの。

と言われる度に、「私は違う」ということを思っている。

だから、性格診断の逆に思えばいい。
ただ、この場合は、B型だから、と言ってはしいけない。
たぶん、むっとするからね。

女の子って、自分の性格を誰かに決めて欲しいと思っているみたい。
そうじゃなきゃ、あんなに占いが流行るはずがない。

血液型が一番分かりやすい決め付けだから、
それをレッテルとして活用すると、
彼女の気持ちをコントロールできちゃうんだ。

例えば。

「B型って、好きなことにしか目がいかないんだよね。
○○さんの好きなことって、今は何?」

なんて言うと、それしか見えていないってことが
刷り込みができてしまう。

そんなつもりで、血液型の診断を勉強すると、
なかなか使えるものになるんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/11/18 | 投稿者: Editor