不機嫌な理由


女の子が不機嫌になる。

恋人がいる人なら、何度かは体験したことがないかな。
恋人がいなくても、アプローチをしていた女の子が
それまでいい感じだったのが急に冷たくなる。

そんなシチュエーションに遭遇したことがないかな。

女の子が不機嫌になった。

そうなると男がまずとる行動。

それが、「理由を探る」ってこと。

「どうしたの?」

不機嫌なった理由が分からないと、
対処の仕方が分からない。

だから、不機嫌な理由を聞いてしまう。

でもね。
そこで出てくる答えって、あんまり役立つものじゃないんだ。

だって、不機嫌になった女の子って、別に理由なんて
自分だって分かってないんだもん。

それなのに理由を聞かれてしまうと、
かえって不機嫌さが増してしまう。

正しい対処の方法としては、

「彼女は今、不機嫌なんだな」

と認識すること。

理由なんてどうでもいい。
とにかく不機嫌になってしまった。

まぁ、不機嫌に状態ではデートをしているにしろ、
アプローチをしているにしろ上手くいくはずないから、
なんとか不機嫌をなんとかしないといけない。

不機嫌になってときの対処法って、
不機嫌な理由を解消するんじゃなくて、
ご機嫌なことをプラスすること。

ご機嫌なことが何か、それが難しいことだけど、
まずは彼女の不機嫌な気分をスルーして、
もっと楽しい気分になるものを探すってこと。

それも、楽しんでやること。

不機嫌な状態を受けて、こっちも不機嫌になると、
さらに不機嫌になってしまう。

逆にこっちが楽しそうにしていると、
そのうち、楽しそうな部分が影響して、
ちょっとづつご機嫌さが出てくる。

「ジェラートだ。うまそうだなぁ。
一緒に食べない?」

えっ、そんなことでご機嫌が取れるの?
って思うかもしれない。

もちろん、確実にオッケーってワケじゃないけど、
意外と単純なとこでご機嫌になったりするもの。

とにかく彼女が楽しそうになる可能性があるものを
どんどん投げてみる。

で、楽しそうな表情をしたら、そこを徹底的に
追いかけてみる。

「あ、あのストラップ、かわいいっ」

とか。

「あの服、似合うんじゃない」

とか。

「あ、おしゃれなカフェ発見。お茶しない?」

とか。

とにかく、いろいろ投げてみて、反応を見る。

最初はめんどくさそうにしていても、
そのうちに楽しげな表情が戻ってきたりするから。

不機嫌になった女の子には、
楽しそうなことを投げまくる。

これが一番いい対処方法なんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2018/05/27 | 投稿者: Editor