喜びサイクルの図


モテる男と、モテない男。
何がそんなに違うのか。

その答えのひとつが喜びサイクルで説明できるんだ。

まずは、喜びサイクルの図を見てもらおう。

   喜びサイクル

  ┌→気持ち─┐
  │     │
  │     ↓
  反応    行動
  ↑     │
  └─────┘

気持ちと行動と反応の関係。

まず、女性を好きになったとき、どうするか。

その人に対する気持ちが変わるから、
行動が変わってくる。

その行動に対して、彼女は反応をする。
その反応を見て、気持ちがさらに変わってくる。

そんな対人関係の変化を図にしたものなんだ。

モテる男っていうのは、この図のとおり動いていて、
自然と、相手の反応がよくなってくる。

たとえば、女性を褒めるってことを当てはめてみる。

好きになった女性がいると、
とうぜん、気になってよく見る。

すると、「あ、そこんとこいいな」と思うところがある。

これが気持ちなんだ。

その気持ちをそのまま行動に移す。

「いやぁ、その服似合っているね。
ピンクはミキちゃんの色みたいだね」

こんな感じで言ってみる。

多少、大げさに言うかも知れないけど、
その元にあるのは、本当にピンクが似合うと思った気持ち。

だから、あんまり変に女性に取られたりしない。

普通に喜んでもらえる。
その喜びが反応として、彼女の表情に出る。

好きな人に自分の行動で喜んでもらえると、
すごくうれしいものだよね。

だから、自分の気持ちも「喜び」になる。

こうなると、もっと喜んでもらいたくなって、
次の行動を考えてみる。

喜ばすにしても、あまりにも彼女のこと知らなすぎるなぁ、
もうちょっと彼女のことを知りたいな。

って気持ちになる。
そこで、行動は、質問になる。

こうやって、「喜ばせるために彼女のことをもっと知りたい」って
気持ちで質問すると、彼女は積極的に答えてくれるんだ。

それがまた、お互いの喜びにつながっていく。
これが喜びサイクルの流れなんだ。

こう書くとなんか簡単に喜びサイクルが
使えるような気になってくるんじゃないかな。

でも、実際にはこんなにうまくいかないことが多い。

それは、この喜びサイクルどおりに物事が進まないのが原因。

喜びサイクルでちょっとつまずくと、なんとも恐ろしい結末に
つながってしまう。

それは、どんなことなのかと言うと・・・それは明日ね。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/12/12 | 投稿者: Editor