失敗の勧め


10年目の修羅場。

その経験してみて、感じたこと。
それを今日の恋愛秘訣にしてみよう。

本当のこと言うと、第一報が入ったとき。
僕はちょっとだけ迷ったんだ。

「いまさら、そんなの知らない」
って言っちゃおうかなってね。

だって、10年だよ、10年。

10年も前に足を洗ったプログラマーの世界。
いまさら、僕が出て行ったって、なんとかなる可能性は薄い。

その上、状況は最悪・・・そんな環境でリカバリーなんてできっこない。

と、なると、あとはユーザーの非難の声だけが待っている。

10年前にそんな修羅場は経験しているけど、
なんでいまさら、そこに戻らないといけないのか。

正直そう思った。

でもね。
同時にもうひとつ思ったこともある。

「どうなるか考えずにそこに飛び込んでしまえ」

たぶん待っているのは修羅場。
そこから先は悲惨な状況になりそう。

と、いう判断を凍結して、何も考えずに飛び込む。

これは、僕が修羅場を経験して身に着けた解決方法。

うまくいかないときというのは、
考えても無駄。
考えずにできる可能性があるなら、まずやってみる。

最悪の状況になったことがあると、
ただ悩んでいるより、何か可能性のあることをする方が精神的に楽。

そんな法則を僕は身をもって学んでいるんだ。

実際、今の僕は、それができるようになっている。

恋愛だってそうなんだよね。

モテている人は、そのままでいい。
でも、モテない状況にいるなら、
先のことを考えて留まるより、
失敗してもいいから、やってみる。

それが一番いい方法なんだって思っているんだ。

「断られるのが怖くて告白できません」

そう思っている人が一杯する。
でも、断られたっていいじゃない。

失敗することが、次の恋に間違いなくプラスに働く。
なぜ駄目だったのか。
それを知ることで、次のときは新しい自分になれる。

その繰り返しで、恋はできるようになった。
実際、今の僕はそうやって自分を作ってきたんだ。

正直言えば、今でも告白をするのは怖い。

断られるんじゃないか。

その思いがよぎって、「このままでもいいんじゃないか」
そう思うときもある。

でも、その迷いを断ち切って、どうなるのかを考えるのを
やめにして、失敗するかもと思うことを実行する。

すると、突破口って見えてくるものなんだよね。

もちろん、恋愛には絶対はない、

好きな女の子がいて、彼女と付き合いたい。

それがうまくいくかどうかはわからない。

でも、その女の子とはうまくいかなくても、
その経験を活かして、次の恋につなげる方法はある。

それを信じて行動することはすごく大切なこと。

失敗の先に、光は見えてくるものなんだよね。

失敗を恐れてなにもできないでいる。

それが、一番うまくいかない理由なんだ。

もし、あなたがモテるようになりたい。

そう思っているのなら、
失敗する恐怖に打ち勝ち、行動をすること。

そこから新しいあなたが見えてくれるんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/11/23 | 投稿者: Editor