女の子が求めているモノを提供しよう


僕ってさ。
かわいい女の子好き。
キレイな女性より、かわいい女の子が好き。

だから、キレイな女性を見ても、そんなにエキサイトしない。

そう言えば、先日、一緒に文章を書いている仲間と
カフェで打ち合わせしたときに彼がこんなことを言ったんだ。

「今のレジにいた女性、きれいだったよね!」

そう言われて改めて見にいってみたけど、
たしかにキレイだった。

でも、キレイだなぁ~ってだけで、
別になんとも感じない。

本当にタイプってあるんだよね。

僕がどきどきするのはかわいいタイプ。

だから、そういうタイプの女の子が何を求めているか、
ずいぶん研究しているんだ。

そして、今段階で「女の子が求めているモノ」と感じているのが。

自分を大切だと思ってもらいたい、ってこと。

大切感って、僕は呼んでいる。

大切感を持ってくれている男には、
興味を示すのに、大切感がない男には興味を示さない。

どうも、そんな傾向があるなぁ~って感じている。

大切感って言っても、わかりづらいよね。

だから、僕はふたりでいるときは、大切感チェックってのをやったりしている。

それは、「僕は君の事、大切だと思っているんだよ」って伝えるためのチェック。

まだ、チェック項目が少なくて、どんどんとコレクションしている最中。

そのいくつかを披露しちゃうね。

1.風が当たってないか?

デートのときに、冷暖房の風が直接彼女に当たっているかどうかチェックする。
もし、当たっていたら、こんなことを言う。

「その席、風あたるんじゃない?大丈夫?かわろうか?」

女の子って、皮膚感覚が男より何倍も敏感。
男だったら、気にならない風も女の子って気になってしまう。

だから、それをチェックしておくんだ。

2.ハンドバックの置き場があるか?

席に着いたとき、男だとビジネスバックがあっても、
椅子の足の横にでも置いておける。
でも、女の子が持っているハンドバックは置きづらい。

そんなことをチェックして、どこか置ける場所を探してあげよう。

3.気温はちょうどいいか?

気温がちょうどいいかチェックしてみよう。
特に夏の冷房温度は大切。
冷え性の女の子って多いから、ちょっと冷えるかなと思ったら、
聞いてあげよう。

「冷房効きすぎてない?」

そのあとで、店員さんにこんなことを言おう。

「ちょっとお願いがあるのですが。冷房の温度、ちょっとだけあげてもらえませんか?」

こんな感じだね。

4.味見してみたいんじゃないか?

食事するときなら、別々のものを頼んだら、
自分の選んだ料理を味見たいか聞いてみよう。

「ちょっと、食べてみる?」

女の子って、ほんのちょっとだけ食べるのって好きな人が多い。
だから、聞いてみよう。

5.時間大丈夫か?

門限とか、終電とか、次の約束とか。
とにかく時間を気にする場合は、聞いてみよう。

「時間大丈夫かな?」

時間が気になっても、言い出しづらいもの。
こっちから聞いてあげると、言い出しやすくなるんだ。

とりあえず、5つ上げてみた。

デートの食事やお茶のときに、
チェックしていることなんだ。

こんなチェックをしていると、
女の子は、「自分のこと、大切に思ってくれているんだ」と
感じてくれるみたい。

これが、大切感なんだ。

チェック項目は、多ければ多いほど大切感が強く感じられもの。

女の子と一緒にいるときは、
どんなことをチェックいると、大切感が出るか考えてみよう。

すると、自然と大切感を感じさせる男になって、
女の子が近寄ってくるようになるからね。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/05/29 | 投稿者: Editor