女の子の感情トレースをしてみる


女の子って、お話好きだよね。
うまく引き出してあげるといくらでも話している。

でも、同じ話しているんでも、
すっごく楽しそうに話しているときもあれば、
そうでもないときもある。

女の子の感情って自然と表情に出ちゃうものなんだよね。

モテる男の話し方って、その感情具合をしっかりとキャッチして、
それにあわせて自分の感情をのせていく。

そんなことをしているんだ。

それに対して、モテない人の会話って、
自分の感情しかみていないから、
彼女の感情と合わない会話になる。

そうならないために、できるようにならないといけないのが、
感情トレースなんだよね。

どんな感情を見せているのか。

あ、本当の感情じゃなくてもいいんだ。
表面的な感情をまず見る。

ただし、そのとき、言葉を信じちゃ駄目だよ。

「面白いね」って言ったとしても、
それは単にあいづちの意味しかなかったりする。

表情をみたら、特に面白そうにしていない。
そんなときも多いから。

言葉じゃなくて表情を見る癖をつければ、
そんなに感情を間違って読むことはなくなってしまう。

感情を読み取った上で、自分の感情もまず、彼女と同じにする。

喜んでいるなら、喜ぶ。
そうでもないなら、冷静に。

スタートはそうしておいて、
次の段階として、ちょっと感情がプラスになる方向へと
変えていく。

「昨日さ、ちょっといいことがあってさ」

こういうことを言うなら、
彼女がまだ楽しそうじゃないなら、
ちょっとだけ楽しそうな顔で言う。

すると、女の子って、こっちの表情を読んで、
似たような楽しげな顔に変わる。

「どんなこと?」

ちょっとだけ楽しそうな顔になったから、
こっちは、もうちょっと楽しげな顔にする。

「それがさ・・・」

この繰り返しをしていると、女の子は本当にうれしそうな
顔をするようになってくるんだ。

いきなり楽しい顔にされようと思うんじゃなくて、
自分が楽しげな顔にだんだんと変わっていくと同時に
彼女の表情も変わってくる。

この流れを作れるようになると、
自然と女の子が喜ぶ会話ができるようになるんだ。

シンプルなステップで、女性の気持ちをあなたのものに!

⇒ 憧れの女たちとの生活が始まる
スターティングラブ・シークレット プログラム パーフェクトセット

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/10/21 | 投稿者: Editor