女の子の気分を良くする会話術


「まったく、いやんなっちゃう」

昨日、ある女性とお話していたらこんなことを言われてしまった。

「モテない男と一緒に食事すると、会話をするのが大変。
わたしの方から話題をみつけて、会話にするんだけど、全然楽しくないの。
それなのに、メールで『楽しかったね』だって。
わかってないのよね」

うーん。
痛い!。。。僕も昔はそうだったからなぁ。
女の子と会話できただけで嬉しくなっちゃう。
彼女の気持ちなんて読み取れていない。

困ったもんだ。

と、困っているだけでは、解決しないから、
僕が最近開発した新しい会話法を教えちゃおう。

まず、女の子が楽しく会話ができるためには、
男から話題を提供しなければいけない。

でも、話題豊富な男なら問題ないけど、
女の子との会話に慣れていない男だと難しいよね。

だから、あんまり話題のネタを持っていなくても、
楽しい会話になり方法を考えて使ってみたんだ。

それは、「楽しいシチュエーション話法」って名づけたテク。

楽しいシチュエーションが何かをまず考える。

で、そのシチュエーションを話題にして、
女の子がそのシチュエーションをイメージできる会話にする。

これが基本的な考え方。

一番、僕が使っているのは、「おいしい」ってシチュエーション。

こんなものを食べたらおいしかった。
って話をすると女の子って気分が良くなるんだよね。

でも、おいしい話ばっかりだと芸がないから、
ちょっと新しいシチュエーションも考えてみた。

それがお買い物シチュエーション。

女の子が好きなことに、グルメと並んで、いやいやそれ以上に好きなこと。
それは、お買い物。

会話の中で、お買い物をイメージできるようにしてしまえば、
女の子の気分ってよくなってしまうんだ。

話題の提供のスタートは、こんな感じ。

「あ、かわいいバック持っているね」
「うん、いいでしょっ」
「うんうん、○○ちゃんに良く似合っているね」
「ありがとう」
「バックかぁ、男って、あんまりバック持っていないんだよね」
「そうなんだぁ」
「そう。それに対して女の子ってバック一杯持っているよね」
「うん、一杯持ってる」
「デパートでも、女性のバックコーナーって広いよね。
ブランド別にいろいろあって」

こんな具合に、バックから、バック売り場の話に持って行ってしまう。

まずは、場所をイメージさせよう。

「大きいバック、小さいバック、ポーチ、お財布。
同じデザインのが並んでいるよね」

こんな描写をすると彼女はデパートイメージしちゃう。

「○○ちゃんって、バックを買うときって、直感で選ぶのかな?」
「うん。『あ、これ、かわいい』って思ったの買うの」
「へぇ~、そう思うのって時たましかないのかな?」
「それがね。時々あって困っちゃうの」

買うシチュエーションを聞いてみると、
女の子って楽しそうにどんどんしゃべるんだ。

あとは、ちょっと質問すると、どんどんしゃべるから楽だよん。

僕の場合は、楽しいお買い物ネタも持っているから、
こんな話をできてしまうんだ。

「前さ、女性と一緒に彼女の誕生日プレゼントを買いに行った。
ほら、男だと何がいいのかわからないじゃない。
だから、一緒に買いに行ってしまうことも多いんだ。
その日は靴が欲しいっていうんで、
デパートのあるブランドの靴売り場に行ったら、
ちょっとヒールが高い水玉のサンダルが気に入ったんだ、彼女。

色が、白地と赤地と黒地の3つあって、
どれがいいか悩んでいるんだよね。
白は僕が見てもいまいちだから、候補から外れちゃった。
赤と黒がなかなか似合うんだよね。
彼女は悩んで、僕に相談するんだ。
どっちがいいかなぁ~ってね。
で、僕が言ったの。
『両方買っちゃおう』ってね」

こんな買い物ネタの話をすると、
「いいなぁ~」ってなるんだよね。

「じゃ、次の○○ちゃんのお誕生日のプレゼントは一緒に買いにいこうか」

なんて、言うと、喜んでくれる。

女の子って買い物が好きなんだよね。

だから、女の子同士でお買い物の話を良くしてる。
でも、男との会話だと、出てこないんだよね、お買い物話。
男がのってこないからなんだとおもう。

だから、お買い物話ができる男って貴重なんだよね。

そんな話をした後、「楽しかったぁ」というメールをすると、
「私も」ってレスが返ってくる。

女の子の気分を良くするには、お買い物会話をマスターすると、
なかなか便利なものだよん。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/06/23 | 投稿者: Editor