女の子心理講座:「ちやほや」と「たてる」


女の子にモテるために一番いい考え方。
それは、「ちやほや」するってこと。

女の子って本当に「ちやほや」されるのが好き。
ちやほやする男には、なんでも許しちゃう。

だから、モテるためにはちやほおするのが一番なんだけど、
そんな話をすると、反論されてしまう。

「でも、ちやほやしていたら、どんどんつけあがるのと違いまっか!」

なぜか、急に関西弁になるのは、お金の話につながる話だから
ついつい関西弁に。
あ、別に関西人ががめついって思っているワケじゃないけど、
関西弁って、商売人の言葉に感じるんだよね。

価値がないことにはお金を使わない。
それが商売人。
そのかわり、価値があると認めたら、ドドンと使う。
それも商売人。
だから、関西弁が出てきたら、商売人の言葉だと思ってね。

おっと、話がそれてしまった。

「でも、ちやほやしていたら、どんどんつけあがるのと違いまっか!」

この言葉が出てくるのは、
「ちやほや」を誤解しているから。

「ねっ、ミキの好きなブランドの新しいバック出たの。
買ってぇ~、いいでしょ」
「しょうがないなぁ」

こんな会話をちやほやしていると思っているから。

これは、ちやほやではない。
もちろん、こんなことをしていると、
女の子は、どんどんつけあがります。

そのうち、あなたの収入じゃまかないきれないくらいにね。
だから、ちやほやするのも問題だって思ってしまうのもわかる。

でも、ちやほやは、本来そういうものじゃない。

女の子が望んでいることを先回りして提供する。
これがちやほやの基本。
いわれたことをやるっていうのは、
ちやほやじゃない。

いわれたことをやるってことが、主従関係を作ってしまう。
この場合、女の子が主で男が従。
だから、どんどんとつけあがってしまう。

「こんなことをしたら喜ぶんだ」って
わかっている男は、言われる前に行動する。

すると、女の子との関係は、ホスト-ゲストの関係になる。
パーティを主催する側の人間と、招かれる側の人間。
もちろん、招かれる側のゲストって尊重されているけど、
全体をコントロールしているのはホスト側。

だから、ゲストがつけあがることはできない。

「いやぁ、楽しいパーティですね」
と、ゲストをちやほやするとホストを立ててくれる。

これは女の子との関係でも言える。

「ちやほや」と「立てる」。
この関係を作れたら、最高。

そのためには、ちやほやするスキルが必要になってくる。

「彼女が欲しいのはこれだ」

彼女が考えるより前に、あなたが考えること。
そりゃ、最初は失敗するかもしれない。

「えぇ~、おみやげこれなの?」

彼女が喜ぶと思って買ってきたおみやげ。
ブーイングだった。

でもね。
それだって、彼女は「私のために買ってきてくれた」ってことは
喜んでいるんだ。

失敗したって、いいんだよね。
その上で、彼女が好きなものを聞いてみる。

「じゃ、おみやげでもらって嬉しかったものって何?」

こんな質問してみよう。
すると、次は喜ぶものを買ってこれるから。

そうやって、彼女の求めているものを与える。
もちろん、金品だけじゃなくて、言葉とか気遣いとか。
そういうものを含めてね。

そんなことができる男がモテるんだ。

だから、この恋愛秘訣も、どうやったら
ちやほやできるのか。

その方法をいろいろと紹介していこうと思っている。
よろしくね。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/05/29 | 投稿者: Editor