女性は減点法


最近、ダイニング系の酒場が増えた。

ダイニングレストランとか、
ダイニングバーとか。

もちろん、ダイニングって言葉を使っていなくても、
創作和食や、多国籍料理って名前がついているのは、
ダイニング系だと思って間違いない。

なんで、そんなにダイニング系が増えてしまったのかといえば、
女性が好むからなんだよね。

男だったら、居酒屋なら『和民』で十分だとおもったりする。

安いし、メニューは豊富だし。
野菜は有機栽培だし。

コストパフォーマンスはなかなかいい。

ただ、残念ながら、デートに『和民』は使いづらい。

付き合いが長くなってからなら、
カッコつけずに、「『和民』にしようか」っていえる。

でも、付き合いはじめだと、がっかりさせてしまいそう。

ダイニング系の方が無難なんだ。

ダイニング系のいいとこは、
マイナスポイントが少ないこと。

そこそこ、おしゃれだし。
そこそこ、目新しい料理はあるし。
そこそこ、半個室みたいな席もあるし。

どれもそこそこ、ではあるけど、
それなりに作られている。

その点、『和民』だと、安いとおいしい以外は、
そこそこまでいっていない。

おしゃれじゃないし、席の作りもがんばっていない。

女性は、そういうマイナスポイントが気になる。

男は、「うまくて安ければいいじゃん」となる。

男の評価は、加点法で、
女性の評価は、減点法。

だから、デートの場所を選ぶときは、
減点されるとこがない場所を選ぶのが無難。

もっとも、相手の女性がふだん、もっとおしゃれな
ところで飲食をしているなら、ダイニング系じゃ
駄目だけどね。

もっと、減点ポイントが少ないとこを選ぶこと。

女性の評価方法を知っていると、
大きな失敗をしないでもすむんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/03/29 | 投稿者: Editor