彼女を褒めよう


今日は女の子の褒め方を説明するね。

やっぱり女の子って褒められるのが大好き。
褒めると本当に表情がよくなるんだよね。

「そんなことないよぉ」

なんて謙遜しても気にしない。

「いやぁ、絶対そうだって。
もういままで見てきた女の子の中で、
そんなにいいと思ったのは初めてなんだ」

彼女が喜んだと思ったら、
思いっきり大げさに褒めてみる。

すると。

「冗談ばっか」

なんて笑っているけど、
それでもうれしそうなんだよね。

ただね。
最初、褒めるときは、真面目な顔で褒めてほしいな。

それも、ちょっと間をおいて。

たとえば、アクセサリーを褒めようと思う。

その場合、褒めるのは2つのポイント。

ひとつはアクセサリー自体を褒める。

つぎは、アクセサリーと彼女を絡めて褒める。

「そのペンダント、かわいいね」

「ありがとう」

「すっごく似合ってるね」

「うふふ、お気に入りなの」

こんな感じで褒めてみよう。

最初の褒め方がアクセサリーを褒めていて、
次の似合うというのがアクセサリーと彼女を絡めて褒めている。

ふたつ目のほめ方としては、

「センスににね」

とか。

「それだけ見たら、すっごく大きく感じるけど、
全体のコーディネートと合ってるから、
いい感じだね」

とか。

こんな感じで褒めてみよう。

さらに、最初の「そのペンダント、かわいいね」って
言う前に、じぃーっと、ペンダントを見てみる。

あ、駄目だよ、ペンダントじゃなくて胸の谷間を見てちゃ。
こっそりでも表情でパレちゃうから、ちゃんと
ペンダントを見てみること。

じぃーっとね。

すると、「えっ?」って感じで「何?」と
表情をするから。

そのときに、「にっこり」笑って、
「そのペンダント、かわいいね」って言う。

表情の変化も褒めるときのアクセントに使おう。

もっとも、褒めなれていない人なら、
必至な表情で褒めるのも悪くないけどね。

いかにも褒めたことがないって感じで褒めると、
女の子はすごく喜んでくれるんだ。

褒めるときは、言葉も大事だけど表情も大切なんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2018/04/19 | 投稿者: Editor