恋が自然に起きる行動術


恋が起きやすい人と、起きづらい人。
その違いって、何か分かるかな?

生まれつき持っている魅力、例えば見た目とかも、
もちろん、恋が起きるかどうかに関係している。

タイプの異性を見たら、お近づきになりたいと思うのは、
男でも、女でも一緒なんだ。

もっとも、見た目だけで恋が起きやすい人か
どうかは決まりはしないんだ。

特に男の場合はね。

見た目というのは、男の方が気にすることがおおい。
逆に言えば、女性からみた男の見た目はそれほど
多き無いウエイトを占めているワケじゃない。

女性がその代わりに気にしているのは、
「楽しさの共有」という部分なんだ。

だんなにいい男でも、一緒にいて楽しいと思えないと、
恋は起きたりしない。
楽しさを共有することができる男の方に
恋心は刺激されてしまうんだ。

恋が自然に起きる行動術。

これを考えたとき、一番効果があると思ったのが、
一緒にいるとき、楽しい会話ができるかどうか。

「喫茶店で2時間持たない男とは恋はできない」

そんな内容の本が売れたことがあったけど、
確かにそれは正しいと思う。

楽しい会話って、もちろん話術とかそういう側面もあるんだけど、
やっぱり、話しをしたいと思うことを持っているかどうかが大きい。

お互いに同じことに興味を持っていることが分かった時点で、
急に親密になって、楽しい会話ができる。
これは、間違いがないことだよね。

でも、普通に生活しているだけだと、
女性と盛り上がることができる話題というのは、
それほど持たない男の方が多いもの。

もし、あなたが女性との会話の話題が少ないとタイプなら、
まずはそこから変えていくのが恋が起きやすくなる一番の早道。
女性との話題が起きる行動をしようというワケ。

でもさ。
恋が起きやすくなっているかどうか。
実感がないと、行動をするのはめんどうくさくなるよね。

だから、まずは女性と接することができる環境を用意すること。
仕事でも、サークルでもいい。
女性がいる場所に参加できる環境を作ろう。

もし、それが簡単にできないようなら、
キャバクラだっていい。

女性と接して話しができれば、
自分の話題が彼女の楽しいって気持ちを引き出す実感が感じることができる。

例えば、週に一回、一時間だけでいいから、
キャバクラに行くと決める。

で、一週間、女性との会話の話題が生まれる行動をしてみる。

その後に、キャバクラに行って女性と話しをする。

すると、ちょっと、あなたの話題が彼女を楽しませていることが分かる。
もちろん、周りに女性がいるなら、キャバクラなんて
いかなくても、いいんだけどね。

さて。

あなたの話題のパワーをチャックできる環境ができたら、
今度は、話題が生まれる行動をしてみよう。

今日のお題は、旅行。
女性って、旅行の会話って好きなんだよね。
彼女が旅行へあんまり行かないタイプでも、
旅行の話しをすると楽しそうに話しをするよ。

だから、旅行へ行くのが一番、話題が豊富になる方法。

でも、旅行へ行くには、時間とお金が必要になってしまうよね。
すぐに行けるとは限らない。

そこで、旅行へ行った話題じゃなくて、
旅行へ行きたいって話題にしてしまおう。

これだと簡単なんだ。

駅の近くにある旅行会社に行って、パンフレットをもらってくる。
これだけでオッケー。
簡単でしょ。

ただ、まずは、どこに行きたいか決めないといけない。

「別に行きたいとこって、ないなぁ」

本音を言うと、これかもしれない。
でもね。
それだと、女性との話題がどんどんなくなる方向の考え方なんだ。

旅行に行きたいと思い込む。
これは、最初は嘘ぽくてもいい。
そう思い込むこと。

旅行に行きたいと思いこんだら、この質問に答えよう。

もし、この夏、どこでもいいから旅行へ行けるとして、
あなたなら、どこへ行きたいですか?

ちなみに僕の答えから言うね。

僕は、沖縄なんだ。

やっぱり、夏というと海。
海といえば、沖縄。
マリンブルーの海と、カラフルな熱帯魚達。
そんなイメージの沖縄に行ってみたい。

別に、難しいことを考えることはない。
直感で、「いいかも」と思える場所を考えてみよう。

そして、旅行会社に行って、沖縄旅行のパンフレットを
10くらいもらってきた。

そのパンフレットを見て、「沖縄のどこへ行こうかな」と
仮想の旅行プランを立ててみる。

「こっちもいいなぁ、あっちもいいなぁ」

コツは楽しく考えること。
別に費用とか、休みとか、そういうことは考えないでもいい。

行くとしたら、ここへ行きたい。
それを見つけるためのものだからね。

そして、僕が選んだのが、

カヌチャベイヴィラズ、

って沖縄本島にあるリゾート。
キレイなプライベートビーチが目の前にあるリゾート。

後はネットでその場所のことを調べたり、
ガイドブックを読んでみたり。

そこへいくものとして、イメージしまくってみる。
すると、なんだか楽しい気分になってくるんだ。

そうなったら、女性とその話しをしてみる。

キャバ嬢でも、身近にいる人でもいい。

そうだなぁ。
話しかけ方は、こうかな。

「今年の夏って、どこか行かないの?」

こう聞けば、予定があるなら答えてくれるはず。

その後にあなたの話もする。

「僕は今年は沖縄に行きたいと思っているんだ」

行く、じゃないとこがミソ。
行きたいで、十分話しはできる。

「いやぁ、沖縄本島にカヌチャベイヴィラズってことがあって・・・」

こんな話しをすると、女性の多くは楽しそうに話しを聞いてくれる。
もちろん、自分だけ話していると嫌われてしまうから、
聞き返してみる。

「○○さんって、沖縄行ったことある?」

とか。

「行きたいと思わない?」

とか。

そういう話を聞いてあげながら、
「こういうことしたいから沖縄に行きたいんだ」
って話しをしていく。

彼女は楽しそうに話しを聞いてくれるはず。

僕の例を元に、女性と旅行の話しでもりあえがる行動を組み立ててみた。

この方法の一番のポイントは、「旅行に行きたい」という気持ちを持つこと。

「旅行なんてかったるいし・・・」
と思っていると、旅行の話題は使えやしない。

まずは、本当にいくつもりはなくても、
気分だけ旅行へ行きたいと思うようにしていくこと。

そう思うと、自然と情報は集まってくる。
今回は旅行のパンフレットを最初の情報として使ってみた。

いくら、「旅行に行きたい」思ってみても、
何もしないと、始まらないから、
一番、簡単にはじめることとして、旅行のパンフを利用する方法を
お勧めしてみた。

無料で、良質な情報がそこにはあるからね。

簡単に、お金をかけずにできる。

これはとっても大切なことなんだ。

いくら、「こんなことをしたら話題が豊富になる」と分かっていても、
お金がかることだったり、手間がかかることだったりすると、
ついつい、そのうちに、となってしまうからなんだ。

そして、もうひとつ重要なこと。
それが、楽しんでやること。

楽しい会話は、楽しい行動から生まれてくるんだ。

だから、楽しく話題の元を考えて、
楽しく女性に話してみる。

これを繰り返していると、自然と楽しい会話ができる男になっていく。

まずは、「旅行をしてみたい」と思うところから始めてみましょう。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/07/27 | 投稿者: Editor