恋に必要なもの


僕は、恋愛の無料レポートを50個出している。

毎日、「よくこんな濃い内容をかけますね」とあきれられる
くらいの恋愛ノウハウをメルマガで配信している。

これだけの恋愛ノウハウの質と量を書いている奴はたぶんいない。
と、僕は思っているんだ。

でもね。
ひとつ、自信がないことがある。

それは、僕が書いている恋愛ノウハウ、
役立てることができるのだろうか?
ってこと。

ま、読んでいるだけで楽しいって
思ってもらえるようにはしている。

でも、やっぱり、活用して、ひとりでも多くの人が
恋人を見つけて喜んでもらいたい。
ホンネをいうと、そう思っているんだ。

それには、僕が書いている恋愛ノウハウだけじゃ足りないんだ。

恋愛上手になるには、ふたつのモノが必要だと思っているんだ。

恋愛のことを考えられること。
これが今、僕が恋愛ノウハウを書いて、
できるようにしてこと。

でも、もうひとつある。

それは、恋愛感覚をつけること。

「あ、ここでこんなことを言うとうまく行くかも」

恋愛上手なひとって、みんなこんなことを
一杯感じている。

間違って欲しくないのは、感じるであって、
考えるではないってこと。

僕はそれを恋愛感覚って呼んでいる。

この恋愛感覚がないと、いくらいい恋愛ノウハウを知っていても、
恋愛ができるようにならない。

だって、恋愛するために女の子と接すると、
おきてくることがハンパじゃなく多い。

だから、それをすべて恋愛ノウハウでカバーするのは無理。

恋愛ノウハウがないところは、その人の感覚で決めないといけない。
でも、残念ながら、恋愛下手な人って、その感覚がずれている。

昔の僕は間違いなくそうだった。
だから、モテない理由はないのにモテない。

僕は、「性格が悪いからモテないんだ」と思って落ち込んでいた。

ま、確かに女性に対しては小心者だったりする。
今だって、初めての女の子を誘うとき、ドキドキだったりする。

でも、今はちゃんとモテる男になった。
もちろん、恋愛ノウハウも一杯知っているものある。

それ以上に大きいのが、恋愛感覚が身についたこと。

「あ、今、誘いを入れた方がいい感じ」
なんて、思えるようになったんだ。

「今、誘ったら、嫌がられるかも」
なんて、思っていたのがね。

恋愛ノウハウと、恋愛感覚。

このふたつを身に着けて初めて、恋愛ってうまくいくんだ。

それを知らないと、ただの恋愛ノウハウコレクターになっちゃうぞ。
気をつけてね。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/05/23 | 投稿者: Editor