恋愛の主導権をとる


主導権を取れるかどうか。

それは、相手にどれだけ無理が言えるかにかかっている。

「でも、惚れられている方が無理を言えて、
惚れている方が無理を言われるもんじゃない?」

って思っているとしたら、いい人になってしまう可能性大。

だから、気をつけて欲しいな。

まず、一番簡単なデートの主導権の話かいこう。

彼女が家を出るちょっと前に電話をする。

「ごめ~ん、ちょっと遅れる。
15分くらい待ち合わせ時間遅らせて」

こんな感じの電話。

「なんで」と言われたら、
仕事の関係でちょっと、程度を答えておこう。

実は時間の主導権は、単に時間がない方が持つことができるんだ。

待ち合わせ時間をずらさなきゃいけないくらい、
なんだかんだで忙しい。

そうなると、時間はあなたに合わせるしかなくなる。
これが、恋愛の主導権を得る基本になるんだ。

とにかく、彼女のいいなりにならない。

と言って、わざわざドタキャンしたりする必要なんてない。
時間を動かす、それだけで主導権を持ったことになる。

他にもあるぞ。
デートとか一緒になにかやるとき。

「僕はこんなことがしたい」
とか
「僕はこんなお店がいい」
とか、とにかく意見を言うこと。

「キミが好きなとこでいいよ」
なんて言ってはいけない。

これが一番主導権を渡してしまい、そのうえ、
惚れられない理由なんだ。

わがままな方が主導権を取り、その上惚れられるという事実。
これを知っているだけで、主導権を取れるかもしれない。

そのためには、ふたりで一緒にできること、
やってみたいことの情報収集を怠らないこと。

「こんど、下北沢の街に行ってみたいんだ」

こんな感じで、いろんなやってみたいことを
彼女に投げてみる。
ときどき、「あ、私も」ってなるから、
そうなったら、主導権はあなたになる。

別にいつもあたらなくてもいい。
彼女がやりたくないことだっていい。

「ね、今度交通博物館行かない?秋葉にあったのが、
さいたま市に移転したんだ」

こんな、ちょっとオタッキーなお誘いだってオッケー。
のってこなかったら、別に気にしないで流そう。

いろんなやりたいことを投げていくと、
自然とあなたのやりたいことがデートになっていく。

そうなると、彼女はあなたに主導権を渡してしまうんだ。

女性って、面白いことを提案する男に弱い。
やっぱり、ついていくタイプの女性って一番多いんだ。

時間と場所。
このふたつの主導権を取れれば、
恋愛の主導権はあなたが持つことになるんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/10/20 | 投稿者: Editor