感動感度


今日は、ひとが集まる秘訣をひとつ教えてしまいましょう。

これは恋愛テクニックではないんだけど、
恋愛にも応用可能なスキルってことだね。

それは、感動感度。

この言葉を思いついたのは、ひとりの男との出会いから。

彼の名前は、ひすいこたろう。

『名言セラピー』って名前のメルマガを書いている。
そのメルマガが本になり、大ヒットした。

1回だけ一緒にディナーをしたことがあるんだ、彼と。

彼は自分のことを、天才コピーライターって書いている。
著作の肩書きがそれ。

確かに彼の書いた文章って、すっごく光っている。
たから、彼に会うのは楽しみにしていたんだ。

どんな人なんだろう。
面白い話がバシバシ飛び出す人なんじゃないか。

そんなことを思って会ってみたら、
全然期待はずれ。
普通な感じな人でした。

ただ、話しているだけだと、天才って言葉が全然似合わない。
ごく普通の人。

なぜ、この人がそんなにすごいメルマガや本を書けるのだろう。

ちょっと不思議だった。

でも、色んな話をしていたら、
彼の天才というか天然なとこが分かってしまった。

それは、感動するのが上手い人。

僕や一緒に会った人が話している中で、
感動するような話が出てくると、素直に感動しちゃう。

彼は名言セラピーなんて感動話を毎日のように配信しているんだから、
ちょっとやそっとのことでは感動することもないと思うんだけど、
感動をしまくる。

うーん。
彼のパワーの源は、この感動感度なんだろうなぁ~、って思った。

多くの人は、感動というものを初めて聞いたような話しか、できない。

だから、社会人になってすぐは、いろんな感動をすることができる。
それが経験をつみ、いろんなことを知るようになると、
もうほとんど感動はしなくなる。

感動感度が鈍ってくるんだ。

彼は違う。
感動する回数が多ければ多いほど、
感動感度が研ぎ澄まされていく。

そして、感動した話をメルマガで書いたり、
人に話したりして、どんどんと感動を広めることをしている。

彼のこの感動を広めるって行動は、
とにかく人を集めてしまう結果になる。

ひとって感動したいものなんだよね。
同じ話を別の人から聞いても感動しないのに、
彼を通すとちゃんと感動できてしまう。
感動感度が高いから、どこが感動するポイントなのか、
良く分かっているんだよね。

彼の話に感動してしまった人は、彼のファンになってしまう。
仕事でも、恋愛でも、その状態が作れればあとは簡単に
いろんなことが起きるんだ。

本でもテレビでも、なんでもいい。
ちょっとした感動をしっかりと捉えて、
それを誰かに伝える。

そんな感動行動を続けていくと、
自然に感動感度はあがっていくもの。

そして、ひとが集まる人になっていくんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/04/25 | 投稿者: Editor