明示と暗示のハザマで。


いままでいろんな暗示の仕方を教えてきたけど、
今日は暗示と明示を両方使う方法を教えるね。

なんでもいいんだけど、あなたが女の子に望むことを考える。

例えば、デート。
彼女とデートをしたいな。

そうだなぁ、キャバクラでいいかぁ。

キャバ嬢とお店で飲んでいるとき、デートに誘いたいと思った。
そんなシーンをイメージして欲しいな。

とってもかわいい女の子で、指名もきっと多い。

そんなキャバ嬢を暗示でデートに誘うには。

って感じで話しを進めよう。

まずは、暗示の前に明示をしてみる。

「ね。今度のお店がお休みの日、デートしない」

「ええっ~」

たぶん、いきなりこんな具合に「デートしよう」と明示しちゃうと、
当然、オッケーはもらえない。

だけど、それでいいんだ。

まずは、明示して、何を望んでいるのか知ってもらう。

だけど、それはあなたの望みであって、彼女の望みじゃない。
だから、デートは実現しないんだ。

ここからが暗示に入る。

「最近、デートしている?
お店の中でしか男と接していないと、心がカラカラになっちゃうよ」

こんなことを言おう。
ルールは簡単。
デート、って言葉を使うこと。

「デートはいいよぉ。男はあなたのことをお姫様みたいに扱う。
あなたの喜ぶようデートスポットに連れていってくれて、
あなたが楽しむ会話をする」

こんな感じで、デートの話しをしちゃう。

「間接照明で、大人の雰囲気があるレストラン。
この道うん十年って感じがするウエイターがサーブしてくれる
豪華でおいしい食事・・・」

このあたりからデートという言葉は消える。
その代わりデートをしているイメージを彼女に伝えてみる。

このときチェックして欲しいのが視線。
あなたの話しを聞いているとき、ときどき、彼女の視線が宙に
浮いたりしないか。
宙に浮くというのが、彼女がイメージを膨らましている証拠。

あなたをみているだけなら、まだまだイメージが足りない。

「あなたにウエイターが聞くワケ。
メインのおお料理は、お魚とお肉がありますがどちらにしましょうか?
それぞれのメニューを分かりやすく調理法まで説明してくれる。
どっちもおいしそう・・・迷ってしまう」

こんな感じで、彼女の五感で感じる形でしゃべる。
さらに、彼女の感じていることを言葉で語ってあげる。

すると、イメージがしやすくなり、彼女視線が宙に浮く可能性が増える。

「たまにはデートしなきゃね。
特に○○ちゃんみたいに若くてかわいい女の子がデートしないなんて、
○○ちゃんにとっても、日本の男にとっても損失だよ」

ここでもう一度デートと言う言葉を言う。
でも、デート相手は自分に限定しない。
だから、メンタル的にブロックされづらい。

「飲み物はワイン。赤と白をそれぞれハーフボトルで。
飲みやすくて料理に合うワインを、葡萄のソムリエバッチをしている
ソムリエさんが選んでくれる」

ここで重要なのが、サービスさせれている描写。
いたせりつくせりなイメージを伝えると、彼女は気持ちがよくなる。
本当にサービスを受けているイメージをしちゃうからね。

こんな感じで、デートのイメージングと
デートの効能をひとしきり話した後で、また、聞いてみる。

「ね、おしゃれなデートしたくなってきた?」

大抵、ここの質問なら「うん」って言葉が出てくる。

最初にデートに誘うっていう明示をしているから、
ここで「うん」というのは、デートに誘われるって前提になる。

「それじゃ、本気で○○ちゃんが喜ぶデートを考えてみよう」

こう宣言しちゃう。
明示と暗示がちゃんと入っていたら、ノーが返ってこないんだ。

もし、ノーが返ってきたら・・・また暗示にチャレンジだぁ。
しつこくやること。。。それが一番可能性を増やすことになるんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/05/29 | 投稿者: Editor