耳についているものと言えば


恋愛ノウハウの中に、共通点を探す、
っていうのがあるのを知っているかな。

「えっ?生まれ、福島県なんだ!僕もそうなんだ、
福島のどのあたり?」

こんな話ができると、急速に仲良しになれる。

お互いの共通点というのは、親しみを覚える一番いい方法なんだ。

ただし。

生まれが一緒、なんて偶然はそうそうない。

だから、もっと共通点になりやすいネタをもっていないといけない。

僕がよく使うのが、兄弟の話。

「僕は、末っ子なんだよね。
○○ちゃんもそうじゃない?」

ちょっと甘えた部分がある女の子に、
こんなことを聞いてみる。

すると、「えっ、私も末っ子なの」って
答えが返ってきたりする。

元々、僕の好きな女の子のタイプは、
しっかり派の長女タイプより、
甘えん坊的な末っ子タイプなんだよね。

だから、気になる女の子には、そんなことを聞いている。

ま、だいたい7割くらいは当たる。
性格って、兄弟構成で変わってくるみたい。

もっと、簡単に共通点を探す方法があるんだ。

妙に気になっている話をする。

ちょっとあいまいだなぁ。

例をふたつあげよう。

 最近さ、「そんなの関係なぁーい」ってのがやたらとテレビに出てない?
 あれが耳について仕方がないんだよね。

知ってるかな? おっぱっピーって、ネタで売っている芸人さん。

僕が妙に耳についているから、他の人も耳についている可能性多し。

 最近、オシリかじり虫の音楽が意味もなく、
 頭の中に流れたりするんだよね。

これも、今、テレビとかではやっている音楽というか、
コミックソングだよね。

なんでもいいんだけど、耳についたり、
目に入ってきている、そんなものを拾って、
話のネタにする。

そうすると、たいてい、「あ、知ってる知ってる、気になるよね」
って同感を得られたりする。

ただし、あんまりはやりすぎると、もうだめ。
知りはじめくらいがいいんだ。

みんなの話題になる前に、話題にすると、
「私もそう」って素直に言ってくれる。

「ああいうの、どうしても耳に残っちゃうタイプなんだよね」

なんていえば、「私も」ってなる。

ま、はやっているフレーズは元々、誰の耳にも残るものだったりする。

それを広いあげると、共通点が簡単に見つかってしまう。

一回成功したら、当分はそのネタをあちこちで使える。

同じ人がいないなら、何度使っても大丈夫なんだ。

共通ポイントは何度も使いまわしをすべし。

これが今日の恋愛教訓でした。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/06/23 | 投稿者: Editor