聴覚コントロールはプロの力を借りる


今日は聴覚で女の子を自分の思い通りにコントロールする方法。

なんてね。
無料レポートを作るなら、こんなタイトルをつけるんだろうなぁ。

ま、それはおいておいて。

女の子をコントロールすねことはできなくても、
女の子の好意をコントロールすることはできる。

どうするかというと、気持ちいい音楽を聞かせてしまえばいい。

気持ちいい音楽っていうと、
彼女の好きな音楽みたいに思うかも知れないけど、それは違う。

最近の流行っている音楽はちょっと使えない。
だって、刺激バリバリの音楽だから、
気持ちいいってならない。

その証拠に、流行り廃りが早いでしょ
すぐ飽きられてしまう音楽は、気持ちいい音楽じゃない。

じゃ、どんな音楽がいいのか。

それを選ぶのに、プロの力を借りたらいいのさ。

されは、宗教!

怪しい新興宗教じゃなくて、伝統的なね。

キリスト教や仏教。
このあたりがどんな音楽を使っているか。

それが分かると、気持ちがいい音楽ってどんなものなのか、
多分分かるはず。

例えば、賛美歌。
明確に気持ちいいを生み出すために、作られた曲だよ。

この賛美歌をドライブで車の中に流してみよう。

それも、そんなに大音量じゃなくていい。
会話の邪魔にならないくらいにね。

すると、自然と賛美歌が持っている、
気持ちいいコントロールがされてしまう。

賛美歌って、キリスト教が
教会に人を集めるために使っていたひとつの小道具。
ワインもそう。

ワインとかだと、今は教会にいかなくても飲めるけど、
賛美歌の世界は実は今、聞く機会がない。

今の音楽は、刺激っていう部分で作られているものばかり。
それも表面的な刺激ね。
気持ちに届くような音楽って少ない。

「でも、賛美歌なんて聴いていると変だと思われるんじゃないかな」

と、突っ込み入れたくなるよね。

実は僕もそう思っている。
賛美歌なんて聴いている男には、恋人はできない。
なんて感じでね。

だから、もし賛美歌をBGMに使うなら、
言い訳を考えておこう。

「いやぁ、ちょっと前、新宿の高島屋で少年少女合唱団がいてさ。
とっても澄み切ったキレイな声でさ。
思わず終りまで聴いてしまったんだ。
そこで歌っていたのが、この曲でさ。
今のお気に入りなの」

こんな言い訳をしとくと、女性は納得しやすいはず。
ま、自分のキャラと合わせて言い訳は考えておいてね。

もし、そういう言い訳が苦手なら、
もう少し効果は落ちるかもしれないけど、
簡単に使える音楽があるよ。

それが、「千の風になって」なんだ。

今、やたらと流行っているから、BGMに使っても可笑しくないでしょ。
この曲も賛美歌と同じタイプの曲だと思う。
だから、聴覚派の僕が反応してしまった。

アンケートで鳥のさえずりを選んだ人は、
聴覚派だから、千の風になってを聴いてみて。
たぶん、両手を広げて空を飛んでいるしぐさをしたくなるはず。

他にも、あるよ。
死んじゃったけど本田美奈子さんが、
私のためにあるって言っていたあの歌。

曲名忘れちゃったけど、わかるよね。
ちょっと前やたらと流していたし、
今も白血病のドナー募集のCMに使っているしね。

たぶん、あれも同じ種類。

これらの歌に共通しているのが、
リラックスと昂揚効果。

聴いていると最初はリラックスするんだ。
でも、だんだんと昂揚してくる。

この繰り返しで気持ちいいを生み出しているんだ。

きっとね。

他にも、「世界にひとつだけの花」も、そうかもね。

ロングセラーになるわうな歌の中には、
そういう歌が多いはず。

あ、湘南の風の「純恋歌」もそうだと思う。

「なんか耳に残るんだよね」

そう言われる歌の中には、妙な配合された、
気持ちいいを生み出すエッセンスが入っているんだ。

そういう歌をBGMにしていると、
自然と女性が気持ちいいになってしまう。

ちなみに。
男は視覚が強くて、女は五感のバランスって言われている。

だから、ほとんどの男より聴覚は女に効いてしまうんだ。

もっとも、僕みたいな聴覚派の人間だと、
自分に効いてしまう方が強いって問題があるけどね。

逆に前回の性格診断をやってみた結果、彼女が聴覚派だと分かったら、
がんがんに攻めてみよう。

気持ちいい、って思ってくれるはずなんだ。

その上。
女って、感情で考える人が多いんだよね。

自分が気持ちいい状態だと、一緒にいる人に好感を持ってしまう。

男だと、「この音楽がいいんだな」って思うんだけど、
女って、そう考えるよりも先に、気持ちいいって感じて、
自然と一緒にいる人に好感を持ってしまう。

繰り返せば繰り返すほど、その効果は折り重なっていくんだ。

女を思い通りしたい。

そんな邪まな考えを持っているなら、
賛美歌、もしくは賛美歌ちっくな音楽をBGMにする。

まだ、研究途中だけど、効果ある方法だと思うよん。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/05/29 | 投稿者: Editor