興味から話題を広げる


恋の基本はちょいあげ。
今日も、この話を続けていこう。

えっ、しつこいって?

何事も基本が大切なんだよね。
1000ノックのつもりで、お付き合いしてね。
そのうち、ハイになれるかもしれないしさっ。

彼女の気持ちをちょいあげする方法として、
彼女が興味を示す話題を投げるっていうのがある。

よくさ。
会話が苦手な人だと、こんなことを言うんだ。

「何を話したらいいのか分からなくて」

分からないから、何もしないでただ彼女が提供してくれる話題で
会話をしていく。

これだと、全然ちょいあげになっていない。

意外と話が盛り上がって、いい感じだなぁ、
なんて思っていると、彼女は全然思っていない。

だって、全然ちょいあげしてもららっていないから。

会話って、刺激があって、それに相手が反応するっていうのが基本。

だから、お互い刺激を出し合って、それに反応し合って会話が成立する。

片方しか刺激にあたる話題を提供できていないと、
会話として成立していないんだ。

すくなくても女の子から見たらね。

彼女はただ合わせているだけ。
全然、ちょいあげになっていない。

どんな話題を提供すれば、彼女の刺激になるのか、
その話をする前に、ちょいあげができているかどうか、
判断できるようになろう。

ちょいあげ判断は、目ですること。

面白いと思ったときって、目に表れるんだよね。
興味ある話とか、知らなかった話だと、
目が輝くものなんだ。

だから、会話しているときは、必ず彼女の目を見てみよう。

あ、じぃーと視線を合わせるのが苦手なら、
ときどきでもいいから目を見てみる。

すると、ちゃんと、ちょいあげができていると、
目がキラキラしているから。

どんなに言葉で楽しそうにしていても、
目を見たら、全然キラキラしていない。

そんな場合は、社交辞令で楽しい表情をしているだけ。

でも、目だけは嘘をつけないものなんだ。

いろんな話題を投げかけて、目がキラリンってするものを探す。

もし、話題が豊富じゃないと思うなら、
「こんな話題なら彼女の目がキラリンとするんじゃないかな」
と思う話題を探してみよう。

それを続けていると、自然にちょいあげができる話題が豊富になっていくんだ。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/12/12 | 投稿者: Editor