若い女の子といきなり親密になる方法


若い女の子と親密になる方法。

答えをいきなり書こう。
それは、『写メール』。

あ、今、「なんだ」と思った人が25121人いた!

そんなの知っている。
って、思ってしまうものなんだよね。

別に写メールを知らない人はあんまりいないよね。
携帯を持っていない人もほとんどいない。
携帯にカメラが付いていない人もほとんどいない。

じゃ、女の子の気を引くために写メールを送っている人、
手を上げてみて。

手をあげた人は、112人しか、いないぞ。
それも、元々モテている人だけ。

実は、僕も写メールはしない方、だったんだ。

でも、最近、写メールの活用方法を研究中。

だって、写メールって本当に女の子と親しくなるにはいい方法なんだ。

よくこんな相談をされることがある。

「気になる彼女のメールアドレスを教えてもらったんだけど、
どんなメールを送ったらいいか分からず、2週間が経ってしまいました」

はい、消えた!

メールアドレスを教えてもらって2週間もほっぽっとくと、
たぶん、もうレスは返ってこないと思うよ。
彼女がその人を気になっている場合をのぞいてね。

そうならないためにも、
携帯メールを教えてもらったら、写メールしよう。

それが一番親密になれる方法なんだ。

と、言ってもさ。

大抵、こんなことを言われてしまう。

「写メールと言っても、どんなものを撮ったらいいか分からない」

そうなんだよね。
写メールをしたことがない男って、何を写メールしたらいいか。
本当に分からない。

実は僕もちょっと前までそうだった。

「写メールを使うと女の子と親密になれる」

もちろん、このことには気が付いていた。
でも、どんな写メールをしたらいいか思いつかなくて、
実際には使っていなかった。

でも、写メールを使わないのはもったいないと思い立ち、
写メール好きな女の子に取材をしてみた。

「どんなものを写メールしているの?」

その答えがこれ。

「えっ?そんなの何でもいいのよ」

でた!この答え!

何でもいいのよ、なんて言葉、信じちゃダメだよ。
それを信じて、なんでもいいからと写メールを送る。

すると、「キモーイ」って言われてしまう。

なんでもいいといいつつ、
すっごく評価が厳しい。。。それが女の子なんだ。

聞いても彼女本人何も考えないで写メールを送っているみたいだから。

僕も考えて考えて考えて。

そして、ひとつの写メールを作った。

---------------------

スポーツクラブに行ってみた。

一ヶ月前に入会したんだけど
忙しくていけなかったんだ。

いってみたら・・・

[写真]

---------------------

これは、成功。
彼女に送ったら、即レスが返ってきた。
「面白い」ってね。

どうやって、この写メールを作ったか教えましょう。

これは写メールに限らないんだけど、
ブログみたいな文章を書く基本と同じ。

「感情が動いた瞬間をキャッチする」

あ、楽しい気持ちになった!

あ、がっかりした!

あ、失敗したなぁ、と思った!

あ、うわぁ、うまそうと思った!

とにかく、あなたの感情が動いたと感じたらパチリ。

これでオッケー。

このときも、一ヶ月ぶりにスポーツクラブに行くので、
気合を入れていったんだ。
それなのに、それなのに。

この気持ち、どうしてやろうか。

そうか!写メールにしてやろう。

って感じで作ってみた。

その結果がこれ。
なかなかいいでしょう。

まぁ、そんな偶然がなかなかないって人は、
おいしいものを食べよう。

食べる前に、パチリ。

タイトルは、「おいしそう」でOK。

簡単だよね。

料理の写真は撮影するコツがある。
斜め上から撮影するのがいい。

なれない男だと、真上から撮影したりする。
それじゃおいしそうに見えない。

椅子に座って目の位置に携帯カメラのレンズ。
これが一番いい場所。

後はズームをしたり、そのまま、まっすぐに
近づいてパチリ。

これが一番おいしそうに見える写真なんだ。
重要なのは臨場感なんだ。

さて。
おいしいものでも、感情をうごかされたものでもいいんだけど。

一回送ったおしまいっていうのはもったいない。

出来が良くて、女の子からレス率が高い写メールは、
コレクションしておこう。

そうすれば、メルアドを教えてもらった後に、
その写メールコレクションから受けそうなものをひとつ送る。

会った日が火曜のお昼なら、迷わずスポーツクラブ写メールを送るぞ。
そうすれば、いきなり彼女と親密になっちゃう。

女の子ウケがいい写メールコレクションがあれば、
誰とでも親密になれちゃう。

こんな強力な恋愛武器ってないんじゃないかな?

嘘だと思って実践してみてね。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/07/27 | 投稿者: Editor