視点を変えて信頼を得る


女の子と仲良くなる方法のひとつに、
尊敬と信頼を得るって方法があるんだ。

女の子って、基本的に器の大きな男が好き。

だから、自分のことをすっぽりと覆ってくれるような
男だと思うと、恋しちゃうんだよね。

実は僕。

恋愛相談だったり、人生相談だったり。

そういう相談をよくされる。

僕が相談される理由は、ありがちな答えをしないってことがある。

「それならば天野さんに相談してみな」って言われちゃう。

そんなとき、僕がアドバイスするのは、
基本的に、ひとつのことを探して提示するんだ。

それが、「見落としている視点」ってものを探すんだ。

恋愛相談でも人生相談でも、大抵の人は、
間違ったアドバイスをしちゃう。

ひとつは、「あなたは正しい」ってアドバイス。
ま、単にそう言ってもらいたいだけの人なら、
それが正しい答えなんだけどね。

もうひとつは、相談者の間違いを探してしまうこと。

例えば、不倫しちゃっている女の子にこういうわけ。

「結局不倫は何も生み出さないの。
分かれるのは辛いかもしれないけど・・・」

確かに正論なんだよね。
ただし、そんなことは100も承知のはず。
知りたくない答えを出されても、受け入れるはずがない。

じゃ、どうしたらいいのかってことになるんだけど、
僕がいつもしているのは、新しい視点って考え方。

その人が見たくないんじゃなくて、
見落としているポイントは何かってことに注目する。

ま、悩みを抱えてしまう人って、どうしても、
視界が狭くなっているから、もうちょっと広く見てあげると、
見落としている視点が見つかる。

例えば、不倫している女の子なら。

「不倫はしちゃいけないなんてことは言わない。
ただし、将来を望んでいるワケじゃないでしょ。
なら、今が楽しい不倫にすることが必要なんだ。
話しを聞いていると、それができていないみたいじゃない?」

不倫がいいか悪いか。
このまま続けたらいいのか、分かれるのがいいのか。

そんな視点で考えても、答えがでない。
だから、別の視点というか、基準を用意してあげる。

今、楽しい不倫はいい不倫。
今、楽しくない不倫は悪い不倫。

だから、どうやったら、楽しい不倫になるのか。
そこを一緒に考えてあげるわけ。

あ、別に不倫がいいとか悪いとか。
自分の意見はこの際無視すること。

自分が不倫しているワケじゃないからね。

で。
いろんなシチュエーションを投げてあげるワケ。

最初は楽しかったはずだから、そのシチュエーションを聞いて、
今の不倫に足りないものを聞く。

で、それがどうやったら、ゲットできるか。

でも、結局は、相手のある問題だから、難しいってことになる。

そんなときは、僕は別の視点をいれる。

「じゃ、不倫自体はちょっとつらいくらいしかなりそうもないよね。
それなら、別の楽しさを見つけてみない?」

とか言って、一緒にあぞぶことを提案してみたりして。

こんなことをしていると、だんだんと彼女が明るくなってきて、
どーでもいいことになってしまったりするんだ、悩みがね。

実は、悩みというのは、悩んでいること、
つまり絶対に答えがないことを考え続けることが、
一番辛いことなんだ。

だから、そこから開放しちゃえば、
大抵のことは、前向きになることができる。

「とりあえず、辛いことはこっちにおいておいて。
今日の午後は、遊園地で遊びまくるってどお?」

なんて、提案して、ついでにルールも提示する。

「ただし遊園地では暗い顔、厳禁ね。
暗くなったら、形だけでもいいから笑顔を作ること。
そうしないと、楽しくならないから約束だよ」

なんて感じ。

笑顔って、形だけでも楽しくなるんだよ。
さらに、笑顔が笑顔を呼ぶと分かればなおさらね。

「ほら、又暗くなっている。ほら、笑顔になって」

なんて言うワケ。
ちょっと、怒った感じでね。
すると、無理やりの笑顔を作ろうとする。
で、言うワケ。

「あ、やっぱり、笑顔がいいね。100倍かわいく見えるよ」

って、満面の笑顔で言う。
すると、今度は本当のい笑顔になるんだ。

これを何度でも繰り返して、あとは子供ぽく遊びまくれば、
その日だけは笑顔ですごせる。

で。
また明日から、ちょっと辛い日々が待っていても、がんばれたりする。

もっともさ。
これを使うと、まず彼女は相談した人に恋心をもってしまうものなんだ。

相談を受ける人間としては失格だね。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/07/27 | 投稿者: Editor