OLさんに効果あり!お茶汲みマインドピッキング


マインドピッキングって言葉を使っているんだけど、
本当のことを言うと、この言葉、僕が作った言葉なんだ。

最近、無料レポートや有料の恋愛マニュアルの紹介をやたらしている。
その中で人気なのが、相手を動かすスキルなんだよね。

ま、僕も似たような無料レポートを書いていたりするんだけどね。

本当のことを言うと、僕は人をコントロールしたりしない人間なんだ。
と、いうより、コントロールができない人間かな。

僕は人間関係とか人間心理とか。
本気で研究している。

だから、普通の人よりかは、相当、心理コントロールができちゃう。
それを使うことは自分に対しては禁止している。

僕が35歳のときにボロボロになった理由のひとつに
心理コントロールがあるからなんだ。

当時の社長が僕に大して、心理コントロールをかけていた。
ま、本人はどこまで理解してやっていたかは不明だけどね。

それから脱した後は、心理コントロールをしようとすると
僕はすぐわかっちゃう。

「あ、この人、へんなことやろうとしているな」
って感じるからなんだ。

心理コントロールはあんまりいいことじゃない。
っていうのが僕のホンネ。

でもさ。
最近、ちょっとかわってきている。

お互いの間を近づける心理コントロールはありじゃないのかなってね。

なんでそんなんことを考えるようになったかというと、
恋愛不全が起きていて、それの対処用に必要だと思ったから。

心理コントロールの一番最初。
あんまり気持ちがうごかない相手に対して、
ちょっとだけ心理コントロールをかける。

「僕のことを興味持つんだぁ~」

こんな魔法みたいな、心理コントロール。

それ【マインドピッキング】って名づけてみた。
ふたりの間にある心理的なブロックを取り払う。

心の扉をピッキング道具を使って開いてしまう。

そんな恋愛テクニックなんだ。

今、僕はそんなちょっと危ないテクニックの開発をしているとこ。
実は、いっこ見つけて、試してみた。

まだ開発途中だから、効果は限定的なんだけど、
ちょっと教えちゃうね。

このマインドピッキングは、OLさんにだけ使える方法。

お酒の席とかで、こんな話をするんだ。

「ね、○○さんって、会社でお茶くみってするの?」
「はい、普通にはしますね」

まぁ、こんな答えが返ってくるはず。

最近の会社はお茶汲みはしない会社もあるから、
ノーになることもあるだろうけど。
この際、答えはどっちでもいい。

「そうなんだ。お茶汲みって、大変なんだよね」
「そうですか?」
「いやぁ、友達にお茶汲みするときにこんな注意をしているんだ、
って話を聞いて、そう思ったんだ」

こんな具合にお茶汲みの話にもっていく。

で、僕の昔話をする。

「僕が勤めていた会社って、女性のお茶汲み禁止をしていた会社なんだ。
社員はみんな平等。お茶が飲みたかったら自分で入れるってルール。
ま、ソフトハウスだったから、女性と言っても同じ技術者だった。
だから、お茶汲みなんて自分でしなさいってことだったんだけどね」

これは、本当のこと。

「その後、社員が増えて事務専門の新入社員が入ってきた。
彼女は最初、お茶汲み禁止って言われていたんだけど、
3時だけは、みんなのお茶入れてくれたんだ。
「自分も飲みたいから、いれましょうか?」ってね。
人に入れてもらったお茶っておいしいものなんだよね」

これも本当。

「そのときの社長ってさ。
社員なら男女平等って、考え方しているんだよね。
それは僕も賛成。

でもさ、誰かのためにお茶を入れるってことは、
そういう問題とは違うってそのとき感じたんだ。
誰かのために、ちょっとだけ時間を使う。手間をかける。
その気持ちがないと、会社ってギスギスしたものになる。

お茶汲みが問題なのは、「それがあんたの仕事でしょ」って
思っている人がいるってこと。
そうじゃないんだよね。
だから、僕はお茶を入れてくれる人に「いつもありがとう」って
言うようになったんだ」

なぁ~んてね。
これは、ちょっと作ってみました。

ま、ときどきは、「ありがとう」って言っているけど、
いつもはさすがに言わないなぁ。

えっ?
なんで、この話がマインドピッキングになるんだって?

それはね。
人には、「認めてもらいたい」って気持ちがあるからなんだ。

デザイナーとか、営業をしている人って、
よくも悪くも成績が出る世界。
認めてもらうために、バリバリ仕事をする。
で、うまくいくと認めてもらえる。

でもね。
サポートする業務が多いOLさんだと、
彼女がやっていることを認めてもらえることが本当に少ないんだ。

だから、「認めて」もらうことが足りなくなっている。
その足りな部分をうめてあげる会話なんだ。

あ、別に彼女の仕事を「認めて」あげているわけじゃない。
自分の会社のOLさんの仕事を認めているだけ。

でも、聞いている彼女は、お茶汲みをしているOLさんに
感情移入して聞いちゃうんだ。

すると、彼女が満たして欲しいという
「認めて」欲求がちょっと満たせれてしまう。
これが、彼女の心の扉を開いてしまうことにつながるんだ。

もっとも、この話。
本当に、お茶をいれてもらったときに、
「ありがとう」って言ったことがない人は使えそうもない。

この話をするときの表情が問題なんだ。
たぶん、僕がこの話をすると、独特な表情をするはずなんだ。
自分でもなんとなくわかる。

それはお茶を入れてもらったときの、
「ありがとう」「どういたしまして」のちょっとした会話で
起きるなごやかな空気を思い出しているからなんだと思う。

だから、まず、その空気を感じていないとダメ。

まずは、お茶をいれてもらったら「ありがとう」って言う。
それも、いれてくれた人の目をちゃんとみて、
にこっとわらいかけてね。

それができた人が、こんな話をすると、
マインドピッキング効果が期待できてしまうんだ。

このマインドピッキングのベースになっているのは、
相手を認め、認められる気持ち良さなんだ。

そして、その気持ちよさを求めている女性の気持ち。
そこに心の隙間が存在している。

その隙間を狙って、ピッキング・・・ちょっとずるいかな。

カテゴリー: モテる法則 | 投稿日: 2017/05/29 | 投稿者: Editor